氷見市海浜植物園 Himi Seaside Botanical Garden

ホーム > 花ごよみ

花ごよみ

海浜植物園で開花中の植物平成29年6月23日現在

は新しく追加した情報です。

温室 【今週】 6月23日(金) 【来週】 ~6月29日(木)
メヒルギ

咲き始め

咲き始め

ハマボウ

見ごろ

見ごろ

ミフクラギ

見ごろ

見ごろ

ミッキーマウスノキ(実)

見ごろ

見ごろ

テイキンザクラ

見ごろ

見ごろ

バナナ(実)

見ごろ

見ごろ

サポジラ(実)

見ごろ

見ごろ

パイナップル(実)

見ごろ

見ごろ

  • 「メヒルギ」は、花が咲いた後にできる種子の形が、琉球のこうがい(かんざし)に似ているところから、『リュウキュウコウガイ』とも呼ばれています。
  • 「ハマボウ」は、ハイビスカスの仲間で、花は黄色の1日花です。また、潮間帯での植生がマングローブに類似することから、半マングローブ植物と呼ばれることがあります。
  • 「ミフクラギ」は、樹液に毒性があり、目の辺を擦ると目が腫れてしまうことから「目が膨らむ木」からの転訛した沖縄方言が和名となったと言われています。 
  • 「ミッキーマウスノキ」は、黄い花が咲いた後に、萼が赤くなり黒く熟した実が付きます。その様子が、「ミッキーマウス」を連想させるのでこの名が付きました。
  • 「テイキンザクラ」は、名前にはサクラの名が付いていますがトウダイグサ科の植物です。また、名前のテイキン(提琴)とは、バイオリンの事で、葉の形が似ていることによります。
グラスチューブ(つる性植物・鉢物のコーナー) 【今週】 6月23日(金) 【来週】 ~6月29日(木)
サオトメトケイソウ 咲き始め

見ごろ

メキシコサワギク 見ごろ

見ごろ

マダガスカルジャスミン 見ごろ

見ごろ

ハマオモト 見ごろ

見ごろ

サンゴバナ 見ごろ

見ごろ

ルリマツリ 見ごろ

見ごろ

サンタンカ 見ごろ

見ごろ

ノアサガオ 見ごろ

見ごろ

コエビソウ 見ごろ 見ごろ
ヒメアリアケカズラ 見ごろ 見ごろ
ハナキリン 見ごろ 見ごろ
  • 「サオトメトケイソウ」は、紫色の花が清廉な早乙女を連想されるのでこの名が付きました。
  • 「メキシコサワギク」は、つる性木本で「デージー」に似た花を咲かせ、鮮やかなオレンジ色です。また、「メキシコタイキンギク」の別名もあります。
  • 「マダガスカルジャスミン」は、厚く純白色の美しい花を咲かせ、ジャスミンに似たとてもいい香りがしまが、ジャスミンの仲間ではありません。
  • 「ハマオモト」は、常緑の葉がオモトに似ていて、海岸に生えるのでこの名が付きました。また、別名の「ハマユウ」は、白い鱗形を木綿(ゆう)に見立てたことによります。
  • 「サンゴバナ」は、淡桃色の花を咲かせてきれいなため鉢花として利用されることがあります。また和名は、珊瑚を連想させるところから付いたそうです。
展示庭園 【今週】 6月23日(金) 【来週】 ~6月29日(木)
ナミキソウ

見ごろ

見ごろ

ノコギリソウ

見ごろ

見ごろ

バシクルモン

見ごろ

見ごろ

ブタナ

見ごろ

見ごろ

ハマナス

見ごろ

見ごろ

  • 「ナミキソウ」は、波が打ち寄せるような海岸に生えるのでこの名が付き、漢字では「波来草」と書きます。
  • 「ノコギリソウ」は、葉がギザギザとしている様子が、のこぎりを連想させるところからこの名が付きました。
  • 「バシクルモン」は、アイヌ語の「からすの草」に由来して名付けられました。また、別名は主な自生地の地名をとって「オショロソウ」と云います。
  • 「ブタナ」は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、タンポポに似た花を咲かせます。和名は、フランスの俗名Salade de pore(ブタのサラダ)を訳したものによります。
海浜散策園 【今週】 6月23日(金) 【来週】 ~6月29日(木)
ハマナス 見ごろ 見ごろ
     
  • 「ハマナス」は、実の形がナシに似ていることからついた「ハマナシ」という名がなまったものだといわれています。また、皇太子妃雅子様のお印のお花として有名です。
ふれあい園 【今週】 6月23日(金) 【来週】 ~6月29日(木)
マリーゴールド 見ごろ 見ごろ
サルビア 見ごろ 見ごろ
ペチュニア 見ごろ 見ごろ

富山県内の各植物園、花の名所の開花情報は「花だより情報」をご覧ください。