氷見市海浜植物園 Himi Seaside Botanical Garden

ホーム新着情報の一覧 > 「ツワブキ」が見ごろ!!

新着情報

「ツワブキ」が見ごろ!!

2017.10.27

今日は朝から青空が広がって気持ちがいいですね(^^)
また、海浜植物園では今日まで氷見高校の生徒2名がインターンシップを実施しています。

 

さて、海浜植物園の展示庭園(中庭)では、「ツワブキ」が見ごろを迎えています♪

 


「ツワブキ」は、キク科ツワブキ属の多年草で、福島県、石川県以南の本州、四国、九州、南西諸島で見られ、海岸の岩の上や崖、林床や林縁部などに生えます。和名の「ツワブキ」は、葉がつやつやしているため、「艶蕗(つやぶき)」と呼ばれ、それがなまって「ツワブキ(石蕗)」となったと言われています。日陰でも育つため古くから庭園の下草として利用されたり、葉の形や葉の表面に入る模様にバリエーションが多いため園芸植物として栽培される事があります。また、初冬の季語として用いたり、さらに葉柄を食用にしたりと古くから人との係わりの深い海浜植物の一つです。

 

 

    (撮影:まき)           (撮影:まりん)

 

ぜひ、秋の海岸を彩る「ツワブキ」をご覧くださいませ\(^o^)/

 

なお、写真はインターンシップに来ている高校生が撮影しました!2枚目(まき)、3枚目(まりん)です(^^♪

 

   (撮影している二人)