氷見市海浜植物園 Himi Seaside Botanical Garden

ホーム新着情報の一覧 > 『ジャボチカバ』というブラジル原産の植物の果実

新着情報

『ジャボチカバ』というブラジル原産の植物の果実

2015.05.20

こんばんは!
さて、写真を見ると『何?』ってものが写っていますが、いったいなんでしょうか?
答えは、『ジャボチカバ』というブラジル原産の植物の果実です。葡萄のようにも見えますが、フトモモ科の植物で、幹に直接花が咲き、実が付くのが特徴です。
この植物をお客さんに説明すると、ほとんどの方が「食べれるの」「味は?」と質問されます。「食べれますよ」「葡萄の巨峰に似ていますが、味も似ていますよ」とお答えしますが、中には「食べていい?」と冗談交じりでいわれるお客さんもおり、「ダメですよ~。食べないでくださいね」と言うと、爆笑がおきます。
また、幹にびっしり実が付くと、びっくりされるお客さんや、少し怖がられる方もおられます。
現在、海浜植物園の温室で結実しています。ぜひ、皆さんもちょっと不思議な植物(果物)を見てみませんか?
      「ひょうたん展」も開催中!