氷見市海浜植物園 Himi Seaside Botanical Garden

ホーム新着情報の一覧 > ご存知ですか?海岸漂着物

新着情報

ご存知ですか?海岸漂着物

2015.10.28

今日は海浜植物園前の松田江浜で海岸漂着物調査が行われました。

 

これは20年前から毎年、NPEC(環日本海環境協力センター)と地元の窪小学校5年生児童が実施しているもので、氷見市と海浜植物園が協力しています。

 

 

今年は窪小学校5年生児童72名が参加し、松田江浜の600平方メートルの区域で漂着物を拾い、分類しました。場所は少し違いますが、写真を見比べてみてください。もちろん右が漂着物の収集後です。こんなにきれいな砂浜になりました♪(*'▽')

調査区画の横のエリア 調査後の砂浜の様子

 

※調査の対象となる漂着物は人工のゴミ等で、流木等の自然物は対象としていません。

 

 

今回皆さんが収集した漂着物の個数は、なんと合計1878個で、総重量が約13㎏となりました。そして、プラスチックのごみが全体の50%を占めています。ペットボトルやライター、発泡スチロール、プラスチックのかけらなど、いろんな種類が見られました。

 

(みんなで漂着物の分類・計量中~・・・)

 

これら漂着物は、海上で捨てられたものもありますが、その多くは私たちがどこかで捨てたものが川を流れ、海を巡り、そして松田江浜などの海岸に流れ着いたものと考えられます。(日本だけでなく、日本海沿岸の各国からのゴミもあります。)

 

富山湾は「世界で最も美しい湾クラブ」に認定されており、世界的にもその景観が評価されています。
この素晴らしい環境をこれからも後世に伝えていくために、「ゴミのポイ捨てはしない」「できるだけゴミを拾う」など、環境に優しいことを、私たちも含めて心がけてみませんか?(*'▽')b

 

※海浜植物園では、「平成27年度里海展」を開催しています。ここでも海岸漂着物について説明していますので、ぜひご覧ください♪