海浜植物園では、明日19日(土)から展示に使っていたシクラメン・ポインセチアをど~んと特価にて即売いたします。

下の注意事項を必ずお読みの上、この機会にぜひお買い求めください。

+-+-+- 即売について -+-+-+
【日時】12月19日(土)から(開園時間の間)
【価格】ポインセチア100円~、シクラメン500円
  (展示品のため、大変お得な価格となっております!)
【注意事項】
・入園された方が対象です。購入のみでもご入園手続きが必要です。
・ポインセチアは約160鉢、シクラメンは約80鉢あります。
・シクラメンはお一人様2鉢までとさせていただきます。
皆様のお越しをお待ちしております(*'▽')。


即売会 (1).jpg


即売会 (2).jpg 


即売会 (3).jpg 
ただ今海浜植物園では『シクラメン』を展示していますが、ちょっと「シクラメン」についてご紹介しますヽ(*´▽)ノ♪


『シクラメン』は、冬の花鉢の代表選手ですが、地中海地方原産のサクラソウ科シクラメン属の多年草で、地中海沿岸からトルコにかけて十数種類が分布しています。
実は「シクラメン」は球根植物で、地中から地際に球根(地下茎が肥大した塊茎)を持ち、上下に少し押しつぶしたような形です。
また、葉はハート型で縁に細かなギザギザが入り、銀白色の模様が入ります。
花は球根から花茎を伸ばし、その先端に1輪の花を咲かせ、花びらは上に反り返ります。
和名の「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」は球根の形から、別名の「カガリビバナ(篝火花)」は花の姿に由来します。

『シクラメン』を見るとき、花びらや球根、葉っぱも注意して見ると面白いですよ♪

シクラメン (1).jpg

シクラメン (2).jpg  シクラメン (3).jpg

シクラメン (4).jpg  シクラメン (5).jpg
今の時期、よく見かける『ポインセチア』について、ちょっとご紹介しますヽ(*´▽)ノ♪

『ポインセチア』は、中央アメリカ・メキシコが原産のトウダイグサ科トウダイグサ(ユーフォルビア)属の常緑低木です。

お花屋さんなどで見掛ける「ポインセチア」は、高さ20~30cmくらいの鉢植えですが、原産地では、2~3mの高さにもなります。
ちなみにクリスマスの頃、赤く色づいた「ポインセチア」を見かけるため、冬の植物のイメージがありますが、実際は寒さに弱い植物です!

また、花のように色がついて見える部分は『苞(ほう)』と呼ばれる葉っぱが変形した部分で、その中央にみえる黄色の部分が花の本体になります。!!(゜ロ゜ノ)ノ
さらに「ポインセチア」は『短日植物』のため日が短くならないと花を付けず、苞も色付きません!

只今海浜植物園でも展示していますので、ぜひご覧くださいませ♪(≧▽≦)
記念撮影のコーナーもありますよ♪

ポインセチア (1).jpg  ポインセチア (3).jpg

ポインセチア (2).jpg  ポインセチア (4).jpg

撮影ポイント3.jpg
海浜植物園では、12月18日(金)まで、「ポインセチアとシクラメン展」を開催しています。

温室内に約250鉢の鮮やかな「ポインセチア」と「シクラメン」を展示しています!

温室中央には、記念撮影できるポイントもご用意していますので、ご利用くださいませ♪(≧▽≦)

撮影ポイント2.jpg

撮影ポイント1.jpg

撮影ポイント3.jpg
海浜植物園では、毎年11月~12月にかけて、いくつも寄せ植え教室開催の依頼があります。

さてそんな中今日は、JA氷見市女性部「J・Jミニカレッジ」にお招きいただき、氷見市農協会館で出張寄せ植え教室を行いました♪

最初に当園職員が、植物や植え込みのポイントなどについて説明し、その後皆さんが、ロフォミルタス、エレモフェラ、ガーデンシクラメン(2株)、アリッサム、ビオラの6株を直径約30㎝の鉢に寄せ植えしました。
普段から植物に親しんでおられる方も多く、皆さん手際よくきれいに植え込んでおられました!

植え終わった自分の作品を眺めて、うれしそうにしている皆さんの笑顔は、とても素敵でした♪(≧▽≦)

ぜひ今後も、花と緑に親しんでいただければと思います!
氷見市がもっともっと花いっぱいになぁ~れ♪(*'▽')p


JJカレッジ1.jpg JJカレッジ5.jpg JJカレッジ6.jpg 

JJカレッジ4.jpg JJカレッジ3.jpg JJカレッジ2.jpg

JJカレッジ7.jpg
今日から12月ですね!

そして、火曜日。海浜植物園は休園日でした。

スタッフは、今週末4日(金)に向けて、何かを準備しました♪
!!(゜ロ゜ノ)ノ


ポインセチア1.jpg  ポインセチア2.jpg

シクラメン1.jpg  シクラメン2.jpg

 いつも氷見市海浜植物園をご利用いただき誠にありがとうございます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、人数・時間制限制による限定的な開園を行っており、下記の要領にて運営を行います。
 皆様におかれましては、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

                  記

日時  当面の間
    各日 午前10時から正午までと午後2時から午後4時までの各2時間の2部制
人数  各回 子ども80名程度とその保護者
    ただし、企画展開催期間は、子ども100名程度とその保護者
      (当日の先着順とさせていただいております。)
      該当時間内の入れ替え入園・追加入園は行っておりません。
      (大人は、先着順の内数には含めません。)
      (個人の方のご入園の予約は、受け付けておりません。)
    ※保育園や幼稚園等の園外保育などでのご利用の場合は、事前にご連絡ください。
    ※学校団体等の利用のため、全館貸し切りにする場合があります。その際は、7日前までにホームページでご案内いたします。
料金  1日券  大人500円  4才以上中学生以下300円  4歳未満無料

    年間パスポート(1年間)  大人1500円  4才以上中学生以下1000円



施設をご利用の皆様へのお願い
(感染防止対策)
・マスクの着用をお願いします。着用の無い方は、ご利用いただけません。(2歳以下のお子様は、除きます。)
・入口に備え付けの消毒液での手指消毒
・入園前に検温を行います。37.5℃以上の方のご入園はご遠慮願います。
・咳や発熱の症状・体調がすぐれない場合は入園をお断りする場合があります。
・万一に備え、利用者名簿への記入をいただきます。また、必要に応じて身分証明書などをご提示いただく場合があります。
・園内ではソーシャルディスタンス(適度な距離)の確保・咳エチケットにご協力ください。
(施設について)
・ご利用いただける施設は、メインホール(ひみレール・小さな木育の部屋・売店)、温室(ネット遊具・ボルダリング・キッズルーム・授乳室・リカレント研修室・ラウンジ)、グラスチューブ、芝生広場(ふわふわドーム・ターザンロープ・プレイプラント・砂場)、2階エレベーターホール・ワークショップです。
 なお、企画展開催中は、1階展示ホールもご利用いただけます。
・中学生の遊具使用は、遊具の対象年齢が3歳から12歳のため、ご利用を制限させていただくことがあります。
・当面の間、リカレント研修室の専有利用につきましては、原則として、大人だけのご利用とさせていただきます。
・今後の県内における発生状況や社会情勢・天候などにより、休園や遊具の使用制限などを行う場合があります。

当園職員が講師となり、6組のお母さんと子どもたちが参加して、エレモフィラ、ガーデンシクラメン、ビオラ、アリッサム、チェッカーベリーを使った寄せ植えを作りました。

お母さんたちが寄せ植えを楽しんでいる間、子どもたちはボランティアの方と遊んだり、おやつを食べていました♪
中にはお母さんのお手伝い?をするお子さんもいたりして、とても楽しい寄せ植えの時間になりました♪(≧▽≦)


お母さんたちの「リフレッシュ」と親子で花と緑に親しんでもらうことで、氷見市がもっともっと花いっぱいの素晴らしいまちになっていくことを、心より願っています(*^-^*)

子どもたちも、お花も、元気にスクスク育ってね♪(*'▽')

かいほうきっず寄せ植え (5).jpg かいほうきっず寄せ植え (7).jpg

かいほうきっず寄せ植え (6).jpg かいほうきっず寄せ植え (4).jpg かいほうきっず寄せ植え (9).jpg

かいほうきっず寄せ植え (8).jpg かいほうきっず寄せ植え (10).jpg 

かいほうきっず寄せ植え (2).jpg かいほうきっず寄せ植え (1).jpg かいほうきっず寄せ植え (3).jpg

海浜植物園では、11月20日(金)から12月20日(日)まで、「いろいろ木の実&たね展」を開催いたします!!(≧▽≦)

世界の珍しい木の実をはじめ、身近などんぐりや松ぼっくり、たねなどを展示します。

世界の木の実では、木の実の宝石といわれるコバルトブルーが美しい「タビビトノキ」や熟すと時速200キロ以上のスピードで種を飛ばす「ダイナマイトツリー」を展示します。 !!(゜ロ゜ノ)ノ

身近な木の実やたねでは、いろいろな松ぼっくりや様々などんぐり、アーモンドやくるみなどを展示します。♪(*'▽') また、折り紙で空飛ぶたねの模型を作って飛ばして遊べる、体験コーナーもあります♪

詳しくは、イベントページをご覧ください。

いろいろ木の実&たね展web.jpg

海浜植物園の温室では、『リュウキュウツワブキ』が開花しています!


前回紹介した「ツワブキ」の変種で、奄美大島や沖縄島、西表島など琉球諸島の固有種です。
「ツワブキ」は海岸や海岸近くの林床や林縁部などに生えることが多いのですが、『リュウキュウツワブキ』は渓流沿いに生えることが多いです。
渓流沿いの植物は、増水や洪水などによって激流にさらされることもあり、水の抵抗を減らすために葉が細くなったり全体的に葉が小さくなる「狭葉現象」が見られますが、『リュウキュウツワブキ』も狭葉現象が見られます。ただし、生える場所によって変異がみられ、本州のツワブキと区別が難しいものもあります。


当園のものも区別しづらいものが多いのですが、良く見てみると違いが分かるかもしれないので、皆さんもじっくり観察して見ませんか?

リュウキュウツワブキ (1).jpg

リュウキュウツワブキ (2).jpg