当園職員が講師となり、6組のお母さんと子どもたちが参加して、エレモフィラ、ガーデンシクラメン、ビオラ、アリッサム、チェッカーベリーを使った寄せ植えを作りました。

お母さんたちが寄せ植えを楽しんでいる間、子どもたちはボランティアの方と遊んだり、おやつを食べていました♪
中にはお母さんのお手伝い?をするお子さんもいたりして、とても楽しい寄せ植えの時間になりました♪(≧▽≦)


お母さんたちの「リフレッシュ」と親子で花と緑に親しんでもらうことで、氷見市がもっともっと花いっぱいの素晴らしいまちになっていくことを、心より願っています(*^-^*)

子どもたちも、お花も、元気にスクスク育ってね♪(*'▽')

かいほうきっず寄せ植え (5).jpg かいほうきっず寄せ植え (7).jpg

かいほうきっず寄せ植え (6).jpg かいほうきっず寄せ植え (4).jpg かいほうきっず寄せ植え (9).jpg

かいほうきっず寄せ植え (8).jpg かいほうきっず寄せ植え (10).jpg 

かいほうきっず寄せ植え (2).jpg かいほうきっず寄せ植え (1).jpg かいほうきっず寄せ植え (3).jpg

海浜植物園では、11月20日(金)から12月20日(日)まで、「いろいろ木の実&たね展」を開催いたします!!(≧▽≦)

世界の珍しい木の実をはじめ、身近などんぐりや松ぼっくり、たねなどを展示します。

世界の木の実では、木の実の宝石といわれるコバルトブルーが美しい「タビビトノキ」や熟すと時速200キロ以上のスピードで種を飛ばす「ダイナマイトツリー」を展示します。 !!(゜ロ゜ノ)ノ

身近な木の実やたねでは、いろいろな松ぼっくりや様々などんぐり、アーモンドやくるみなどを展示します。♪(*'▽') また、折り紙で空飛ぶたねの模型を作って飛ばして遊べる、体験コーナーもあります♪

詳しくは、イベントページをご覧ください。

いろいろ木の実&たね展web.jpg

海浜植物園の温室では、『リュウキュウツワブキ』が開花しています!


前回紹介した「ツワブキ」の変種で、奄美大島や沖縄島、西表島など琉球諸島の固有種です。
「ツワブキ」は海岸や海岸近くの林床や林縁部などに生えることが多いのですが、『リュウキュウツワブキ』は渓流沿いに生えることが多いです。
渓流沿いの植物は、増水や洪水などによって激流にさらされることもあり、水の抵抗を減らすために葉が細くなったり全体的に葉が小さくなる「狭葉現象」が見られますが、『リュウキュウツワブキ』も狭葉現象が見られます。ただし、生える場所によって変異がみられ、本州のツワブキと区別が難しいものもあります。


当園のものも区別しづらいものが多いのですが、良く見てみると違いが分かるかもしれないので、皆さんもじっくり観察して見ませんか?

リュウキュウツワブキ (1).jpg

リュウキュウツワブキ (2).jpg


海浜植物園駐車場横ふれあい園では、秋の海岸を彩る『ツワブキ』が咲いています♪

『ツワブキ』は、福島県、石川県以南の本州、四国、九州、南西諸島見られ、海岸の岩の上や崖、林床や林縁部などに生えます。
和名は、葉がつやつやしているため、「艶蕗(つやぶき)」と呼ばれ、それがなまって「ツワブキ(石蕗)」となったと言われています。
また、古くから栽培され園芸品種も多く、秋の花だけでなく、斑入りや獅子葉など葉も変化に富んだものもあり、楽しまれています。
さらに、初冬の季語として用いたり、葉柄を食用にしたりと古くから人との係わりの深い海浜植物の一つです。

ぜひ、秋空の下咲く黄色い「ツワブキ」の花をご覧ください♪

ツワブキ(1).jpg  ツワブキ(2).jpg

ツワブキ(3).jpg  ツワブキ(4).jpg
今日は曇り空ですが、朝から薄っすら雪化粧した立山連峰が見えました♪

少し判り辛いのですが、蜃気楼も見ることができました。「浮き島現象」や「反転した虚像」などなんとなく確認できます!?

また、植物園の駐車場や4階からは、こちらも雪化粧した白山も見ることができました!

立山連峰1.jpg  立山連峰2.jpg

蜃気楼3.jpg  蜃気楼2.jpg

蜃気楼4.jpg  白山2.jpg
《イベント情報》

海浜植物園では、明日11月2日(月)から5日(木)まで、「第30回氷見市菊花大会」を開催します♪

氷見市菊花会の皆さんが丹精込めて育て上げた約250点の美しい菊の花々が、海浜植物園の展示ホールとワークショップルームを彩っています♪♪
中には、市内の上庄小学校と窪小学校の児童の皆さんが、菊花会の方に指導してもらいながら育てた菊花も展示しています♪(^^)


菊花大会の観覧のみの場合は、入園料は必要ありませんので、皆さんお気軽にお越しくださいませ!


なお、11月4日(水)は、氷見市菊花大会の観覧はできますが、植物園と4階ボルカノは、祝日の翌日のため、お休みとさせていただきます。

菊花大会1.jpg 菊花大会2.jpg 菊花大会3.jpg

菊花大会4.jpg 菊花大会5.jpg 菊花大会6.jpg

 いつも氷見市海浜植物園をご利用いただき誠にありがとうございます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、人数・時間制限制による限定的な開園を行っておりますが、10月1日(木)から下記の要領にて運営を行います。
 皆様におかれましては、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

                  記

日時  当面の間
    各日 午前10時から正午までと午後2時から午後4時までの各2時間の2部制
人数  各回 子ども80名程度とその保護者
    ただし、企画展開催期間は、子ども100名程度とその保護者
      (当日の先着順とさせていただいております。)
      該当時間内の入れ替え入園・追加入園は行っておりません。
      (大人は、先着順の内数には含めません。)
      (個人の方のご入園の予約は、受け付けておりません。)
    ※保育園や幼稚園等の園外保育などでのご利用の場合は、事前にご連絡ください。
    ※学校団体等の利用のため、全館貸し切りにする場合があります。その際は、7日前までにホームページでご案内いたします。
料金  1日券  大人500円  4才以上中学生以下300円  4歳未満無料

    年間パスポート(1年間)  大人1500円  4才以上中学生以下1000円



施設をご利用の皆様へのお願い
(感染防止対策)
・マスクの着用をお願いします。着用の無い方は、ご利用いただけません。(2歳以下のお子様は、除きます。)
・入口に備え付けの消毒液での手指消毒
・入園前に検温を行います。37.5℃以上の方のご入園はご遠慮願います。
・咳や発熱の症状・体調がすぐれない場合は入園をお断りする場合があります。
・万一に備え、利用者名簿への記入をいただきます。また、必要に応じて身分証明書などをご提示いただく場合があります。
・園内ではソーシャルディスタンス(適度な距離)の確保・咳エチケットにご協力ください。
(施設について)
・ご利用いただける施設は、メインホール(ひみレール・小さな木育の部屋・売店)、温室(ネット遊具・ボルダリング・キッズルーム・授乳室・リカレント研修室・ラウンジ)、グラスチューブ、芝生広場(ふわふわドーム・ターザンロープ・プレイプラント・砂場)、2階エレベーターホール・ワークショップです。
 なお、企画展開催中は、1階展示ホールもご利用いただけます。
・中学生の遊具使用は、遊具の対象年齢が3歳から12歳のため、ご利用を制限させていただくことがあります。
・当面の間、リカレント研修室の専有利用につきましては、原則として、大人だけのご利用とさせていただきます。
・今後の県内における発生状況や社会情勢・天候などにより、休園や遊具の使用制限などを行う場合があります。

植物園のふれあい園(駐車場横)では、『コハマギク』が見ごろです♪

『コハマギク』は、北海道から関東地方北部(茨城県)にかけての太平洋側の海岸に自生しているキク科キク属の多年草で、日当たりのよい崖などに生えます。
日本固有の植物で、和名は「ハマギク」に似ていて、全体が小さいことから「コハマギク」と名付けられましたが、別種です。
また、学名は「Chrysanthemum yezoense」(クリサンセマム エゾエンセ)で、種形容語のyezoenseはエゾの地を意味します。
栽培しやすいため観賞用などにも用いられ、寄せ植えや花壇、グランドカバー、ロックガーデンなどにも利用されます。


秋も深まる中、白い花を力強く咲かせている『コハマギク』をご覧くださいませ!

コハマギク (1).jpg


コハマギク (3).jpg  コハマギク (2).jpg
海浜植物園のグラスチューブでは『ニンニクカズラ』が咲き始めました♪

花の咲き始めは濃い紫色ですが、だんだん爽やかな明るい紫色に変わり、やがて白色に変わって行きます。
名前は、葉や花を揉んだり、茎を傷つけたりすると、ニンニクのような匂いがする事によります。
海浜植物園でも風などで葉や花が揺れるとほんのりニンニクのような匂いがあたりに漂います。
興味のある方は、スタッフに声をかけてみてくださいね♪

ぜひ、花と匂いをお楽しみくださいませ\(^o^)/
まだ蕾はありますが、お早めにご覧くださいね!

ニンニクカズラ (1).jpg  ニンニクカズラ (2).jpg

ニンニクカズラ (3).jpg  ニンニクカズラ (4).jpg
『我が君の いと愛でたまふ 浜菊の そこのみ白く 夕闇に咲く』
上皇后美智子様が、お詠みになられたお歌です。

また、平成9年に上皇上皇后両陛下が岩手県大槌町を訪問された時に、海岸に咲く「浜菊」をお気に召され、種を取り寄せて大切に育てておられたことも知られています。

さて海浜植物園正面玄関では、鉢植えですが『ハマギク』が咲き始めました!
『ハマギク』は日本の固有種で、青森県から茨城県にかけての太平洋側の海岸に自生します。
学名は、「Nipponanthemum nipponicum」で、属名にも種小名にもニッポンの名が付くのは動植物では「ハマギク」と「朱鷺」だけです。

また、学名にはクリサンテムム・ニッポニクムが使われることがあり、これは「日本の菊」の意味です。
ちなみに『ハマギク』花言葉は「逆境に立ち向かう」だそうです。

日に日に秋の深まりを感じる今日この頃ですが、海浜植物園で『ハマギク』の花を眺めて見ませんか?

ハマギク (1).jpg  ハマギク (4).jpg


ハマギク (3).jpg  ハマギク (2).jpg