いつも氷見市海浜植物園をご利用いただき誠にありがとうございます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、人数・時間制限制による限定的な開園を行っており、下記の要領にて運営を行います。
 皆様におかれましては、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

                  記

日時  当面の間
    各日 午前10時から正午までと午後2時から午後4時までの各2時間の2部制
人数  各回 子ども80名程度とその保護者
      (当日の先着順とさせていただいております。)
      該当時間内の入れ替え入園・追加入園は行っておりません。
      (大人は、先着順の内数には含めません。)
      (個人の方のご入園の予約は、受け付けておりません。)
    ※保育園や幼稚園等の園外保育などでのご利用の場合は、事前にご連絡ください。
    ※学校団体等の利用のため、全館貸し切りにする場合があります。その際は、7日前までにホームページでご案内いたします。
料金  1日券  大人500円  4才以上中学生以下300円  4歳未満無料

    年間パスポート(1年間)  大人1500円  4才以上中学生以下1000円



施設をご利用の皆様へのお願い
(感染防止対策)
・マスクの着用をお願いします。着用の無い方は、ご利用いただけません。(2歳以下のお子様は、除きます。)
・入口に備え付けの消毒液での手指消毒
・入園前に検温を行います。37.5℃以上の方のご入園はご遠慮願います。
・咳や発熱の症状・体調がすぐれない場合は入園をお断りする場合があります。
・万一に備え、利用者名簿への記入をいただきます。また、必要に応じて身分証明書などをご提示いただく場合があります。
・園内ではソーシャルディスタンス(適度な距離)の確保・咳エチケットにご協力ください。
(施設について)
・ご利用いただける施設は、温室(ネット遊具・ボルダリング・キッズルーム・授乳室・リカレント研修室・ラウンジ)、グラスチューブ、芝生広場(ふわふわドーム・ターザンロープ・プレイプラント・砂場)、2階エレベーターホール・ワークショップです。
・中学生の遊具使用は、遊具の対象年齢が3歳から12歳のため、ご利用を制限させていただくことがあります。
・当面の間、リカレント研修室の専有利用につきましては、原則として、大人だけのご利用とさせていただきます。
・今後の県内における発生状況や社会情勢・天候などにより、休園や遊具の使用制限などを行う場合があります。

海浜植物園のグラスチューブでは『ハゴロモジャスミン』が咲き始めました♪

星のような形をした白い花からは、ジャスミン独特の香りが楽しめます♪(^^)

ちなみに、ジャスミンといえば「ジャスミンティー」を思い浮かべる方もおいでかと思いますが、「ジャスミンティー」に利用されるのは「マツリカ(J. sambac)」で仲間ではありますが、「ハゴロモジャスミン」とは別種です。

「ハゴロモジャスミン」の白い花や爽やかな香りを海浜植物園で楽しんでみませんか?ヽ(*´▽)ノ♪


ハゴロモジャスミン1.jpg  ハゴロモジャスミン.2.jpg


ハゴロモジャスミン.3.jpg  ハゴロモジャスミン.4.jpg
リニューアル工事のため、2月25日(木)~3月1日(月)の間、レストランの入口をイラストのとおり、変更させていただきますので、誘導案内板に従ってお進みください。

またこの期間中、エレベーターは、1階から乗り降りができません。建物に入ると左手に階段がございますので、2階まで上がって頂き、エレベーターをご利用ください。階段で4階まで上がる事も可能です。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。



ボルカノ入口変更2.jpg

現在リニューアル工事のため、下記のとおり入園受付場所を変更しています。
誘導案内板に従って大温室入口からご入園ください。

またレストランを利用する方も、入口をイラストのとおり、変更させていただきますので、誘導案内板に従ってお進みください。この期間中、エレベーターは、1階から乗り降りができません。建物に入ると左手に階段がございますので、2階まで上がって頂き、エレベーターをご利用ください。階段で4階まで上がる事も可能です。


なお、リニューアル工事期間中は、1階メインホールが使用できないため、「小さな木育の部屋」もご利用いただけません。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


ボルカノ入口変更2.jpg

今日は風が強かったですが、気持ちのいい天気で日曜日という事もあり、たくさんのお客様にご来園いただきました♪

そしてJR氷見線では、観光列車「べるもんた」の運行日だったので、毎週恒例の「べるもんたのお見送り」も行いました!

「べるもんた~♪」と叫びながら手を振るお子さんもいて、とても微笑ましかったです♪


日曜日の午前10時52分頃、11時7分頃、午後2時55分頃、3時17分頃、海浜植物園付近を通過しますので、皆さんも観光列車「べるもんた」のお見送りをしてみませんか?


べるもんた21.2.21 (1).jpg

べるもんた21.2.21 (2).jpg
植物園駐車場横のふれあい園では、『ヤブツバキ』が咲き始めました。
昨年、樹形を維持するための数年に1度行う、強く切り戻す剪定を行ったので、例年に比べ少し花付は悪いのですが、ピンク色の花をご覧いただけます!


「ヤブツバキ」は、昔から人の生活と縁の深い植物で、幹は堅くて建材に用いられたほか、種子からは油がとれ、食用、薬用などに使われています。また、古くから品種改良も行われ、園芸品種もたくさんあります。


冬から早春にかけて咲くことが多く、春の訪れを一足早く教えてくれる身近なお花ですので、お近くにお越しの際には、ぜひご覧ください。
また、ご自宅近くで探されて、少し早い春を感じてみてはいかがでしょうか?


ヤブツバキ1.jpg  ヤブツバキ2.jpg



ヤブツバキ3.jpg  ヤブツバキ4.jpg
今日は、朝方雪も降っていましたが、日中は日差しも出て、気持ちのいい天気となりました。
植物園前の松田江浜からは、久しぶりに雪化粧をした立山連峰が見れました!
山頂から裾野まで見え、なんだかとても幸せな気分になりました♪

2021.2.5立山連峰1.jpg


2021.2.5立山連峰2.jpg2021.2.5立山連峰3.jpg

2021.2.5立山連峰4.jpg


また、冬の蜃気楼も見ることもできて、ラッキーでした!


2021.2.5蜃気楼.jpg
さて、今回も問題です!
写真の植物は何でしょうか?

1枚目
パイナップル2.jpg

2枚目
パイナップル1.jpg


わかったあなたは、さすがです♪

正解は、
↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓
『パイナップル』です!


パイナップル3.jpg


『パイナップル』は、熱帯果実のひとつで、果実はたくさんの小さな果実が集まった集合果です(升目状の部分が小さな実で、それがいくつも圧なって大きな実になっています)。果実は、生食されたり、缶詰やジュースに利用されています。
名前は、果実の形が松かさに、味がリンゴに似ているのでパイン(松)+アップル(リンゴ)で「パイナップル」と名付けられました(「パインアップル」といわれる事もあります)。


お客様でも「パイナップルは、木になる物」と思っておられる方もおられ、実物を見てビックリされます。
ぜひ実際に実がなっているところをご覧ください!
さて、只今海浜植物園温室で見ることのできるこのカラフルな実は、一体何の実でしょうか?

コーヒーノキ実1.jpg

【ヒント!】これから加工されたものは、皆さんもよく知る飲み物になります!

コーヒーノキ実2.jpg  コーヒーノキ実3.jpg


正解は、『「コーヒーノキ」の実』です♪
赤く熟した実を収穫して、実の中に向かいあった2粒の種があり、果肉を取り除いて乾燥させたものを焙煎すると、よく知っている「コーヒー豆」となり、あの独特な香りと味わいが生まれます♪


お店で売られている「コーヒー豆」を見る事はあると思いますが、実際に木に付いたままの実を見る機会はなかなかないと思いますので、ぜひご覧ください!
先週の大雪からひと段落し、海浜植物園の温室では『オオベニゴウカン』の花が開花を始めました♪

『オオベニゴウカン』は、合歓木(ねむのき)の仲間になり漢字で書くと「大紅合歓」となります。花も似ていますが、使われている漢字も似ていて、少し面白いですね。
ちなみに、英名を「レッド・パウダーパフ」(red powederpuff)といい、化粧などに使うパフに似ていることが由来になっています。

また、学名は「Calliandra haematocephala」(カリアンドラ・ハエマトケファラ)で、 属名の Calliandra はギリシャ語の「kallos (美しい) + andros ( 雄しべ)」からきており、 種小名の haematocephala は「血の色をした頭状の部分のある」という意味があるそうです。

海浜植物園で、冬を彩ってくれる花のひとつですので、ぜひご覧くださいませ♪(#^.^#)

オオベニゴウカン2.jpg